台風シーズンですね💦

2019年8月19日

ブログをご覧の皆さん、(株)匠プラス【匠住建】代表の大野です。

お盆期休みも終わり日常の生活に戻られた方も多いと思いますが、皆さん仕事に家事にいろいろ頑張りましょう!

しかし、阿波踊りは残念でした💦台風による影響で2日間の開催中止は、夏の集客を期待していた方々には特に打撃が大きかったと思います💦

友人が経営する飲食店さんで見込み売上大幅減だったそうです💦

私たちの仕事も毎年の事なのですが、台風シーズンが来ると現場は大変です💦

天気予報と睨めっこしながら作業を進めなければなりません!

台風シーズンの中で一番、気がかりなのは足場です!

時々ニュースなどで「足場が倒壊した」という話しを耳にしますが、絶対にあってはならない事です!

そこで今回は、足場について少しだけお話しをしたいと思います(^^)v

塗装工事を行う上で欠かせないのが足場です✨

足場と一言で言っても種類も豊富です!代表的なものとしては、

単管足場、クサビ式足場などがありますが、戸建て住宅の塗装工事にはクサビ式足場が多く使われています✨

因みに弊社が使用している足場もクサビ式足場ですが、クサビ式足場にも実は種類があって

キャッチャータイプ(Aタイプ)ビケタイプ(Bタイプ)三共タイプ(Cタイプ)と種類があります💦

特徴については、また機会があればお話しをしたいと思いますが、今回は足場の役割についてお話しします。

<足場の重要な役割とは?>

1. 安全に作業するため

当然ですが安全に作業を進める為です!

高所での作業を伴う塗装工事では職人も命懸けでの作業になるため、安定した足場は必須です!

2. 作業効率を良くするため

作業効率を上げるためです!

例えば、梯子(ハシゴ)を掛けて移動しながら作業をした場合、通常の3~5倍程の時間が掛かってしまいます💦

これでは足場費用が発生しなくても時間がかかる分だけ人件費が高くなり逆効果です。

3. より良い仕上がりを可能にするため

仕上がりの違いです!

これは当然なのですが、安定した踏ん張りのきく場所で施工するのと不安定な踏ん張りのきかない場所で施工するのとでは仕上がりに大きな差がでます。

4. 近隣への気配りを大切に

水洗いの水や塗料の飛散を最小限に抑える為です!

塗装工事の際には足場に飛散防止のネットをします!このネットを取付ける事で近隣への塗料などの飛散を防ぐことが出来ます。

 

 

最後になりましたが(株)匠プラス【匠住建】では、

先ほどご紹介した足場の4つの役割を十分に果たし、

より良い施工を提供するための足場業者様も大手住宅メーカーなどの施工にも従事している業者様の足場を使用しておりますので、

ご安心してご依頼下さい(^^)v